カメラマン 稲村幸夫のブログ です、写真、カメラ、Macやインターネットについて書いてます!

MacPro Early2008のビデオカードをWIN用GT740に交換しました

スポンサードリンク

まだ使ってるの2008?

はい、使っています。

そろそろ最新(MacPro 2013)が欲しいのですがディスプレイや周辺機器まで交換が必要となると結構な出費ですのでもう少し頑張ってもらいます。

しかし、最近問題が起きています、CTOで入れたビデオカードGeForce8800GT 512MB for Mac Proが不調なんです。

ベンチマークを測定するアプリを作動させるとグラフィックの測定中にハングアップしたり、、そろそろヤバイぞ!って動きです。

純正で2008に対応したビデオカードを探すと中古でも定価とほぼ同様の値段です、、うむむ、新品なら諦めて購入って考えも浮かぶのですが、中古ってのはどれだけ使えるのか保証がありません、そこで、、

WIN用のビデオカードGT740を購入しました、NVIDIAの680、750、780は現行のMacにも使用されておりドライバーもOSに含まれているらしいとネット情報があります。

palit_gt740

で、なぜ740なのか?

正直、価格です、1万円以下(消費税抜き)の価格で購入できました。

結論を書きますが他所のも書かれていますがEFIの関係でMac非対応のビデオカードですので起動時の初期動作が完璧ではありませんが起動完了後の動作に問題は起きていません。

GeForce8800GTでのベンチマークの測定が現在できないのが残念です、体感的には早くもなっていないが遅くもなっていないのでドライバーの問題は無いと思われます、NVIDIAのCUDA Driverも大丈夫なようです。

macpro_2008_GT740

グラフィックスにはGT740と出ていないのがちょっと気になりますね。

これから試してみようとお考えの方にはMacでも750Mが採用されているGT750をお薦めします、私は価格が下がってきたら次回はGT780を試して見ようかと考えていますがMacPro2013を購入するまでのつなぎと考えると無駄な出費は避けるべきなのかもしれませんね。

追記

NovaBenchでの測定結果を追加しました、今となってはかなり遅いですがまだまだ頑張ってます!

MacPro(Early2008)_GTX740

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

WordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」

このブログはWordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」で運営されています。