カメラマン 稲村幸夫のブログ です、写真、カメラ、Macやインターネットについて書いてます!

旧Mac ProがTITAXpとPascalドライバーで復活か?

スポンサードリンク

NVIDEAがTITANXpの発表と同時にMac対応のPascalドライバーを発表したようですね。
注目はドライバーですが4月中にはリリースされるらしい。
TITANXpは高価なので手は出ないがGTX1050なら2万円以下で購入できる。
旧Mac ProのカスタマイズではGTX680ユーザーが多いと思います、ヤフオクでも改造されたGTX680が
数多く出品されています。
PascalドライバーでGTX1050が動くのであればかなり早くなると思われますね。
私のようなMac Pro2008ユーザーとしてはOSのアップグレードが閉ざされた今は余計な出費はしたく無い、
でも、
GTX10シリーズ、、、試してみたいです。
MVC(ROM改造のビデオカード販売サイト)あたりでは10シリーズの改造版を販売するのかもしれませんね。
そして、時期Mac ProはNVIDIAが採用されるのか?
時期Mac Proはカスタマイズできるようになるらしいですが市販のパーツが流用できるようになればと期待します。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

WordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」

このブログはWordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」で運営されています。