カメラマン 稲村幸夫のブログ です、写真、カメラ、Macやインターネットについて書いてます!

国の無駄遣い

スポンサードリンク

子供手当もよかろう、しかし税金を国庫に入れてから返す、、無駄だ。
最初から控除すれば良い。
公務員の仕事を増やす、つまりは税金の無駄遣いだ。
国の無駄遣いは多々あろうが根本的な税制を改めなければ何も変わらない。
究極の公平税制とは国民全員が同額の税金を払うことだろうがこれは不可能だろう。
国民健康保険、死ぬほど働いて税金をとられた上に高価な保険料金、でも忙しいから病院などには行けない、納税を稼ぎに応じて徴収するのであれば、保険も病院に通った分だけ自今負担するのが道理ではないだろうか?
自由経済の国が破綻しはじめているのなら自由経済を止めるしかない、止めたくないのなら根本的な改革が必要だ!
道路が欲しい、空港が欲しい、、国民はいつまで税金を払えるのであろうか?
収入が減ったら大事なのは財布のひもを締めること、日本という会社の増益が望めない現在、国債の発行でごまかすのはサラ金で生活をつなぐ零細企業のような行為だ。
国会議員が国と言う会社の役員とすれば、まず役員の給与と数を減らすこと、従業員である公務員の給与の削減、それでも働きたい人間を雇えば良い、今の会社ってそれほど厳しい状態。
日本銀行券、国債、株券、、紙切れに託す社会はもう終わったのかも知れない、本当の自由経済、自由主義社会ってなんだろう、TVでロビー活動をする議員や学者に惑わされることなく、もう一度日本を見つめ直す次期がきたのであろう。
以上、おっさんの主張でした。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

WordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」

このブログはWordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」で運営されています。