カメラマン 稲村幸夫のブログ です、写真、カメラ、Macやインターネットについて書いてます!

Adobe DNG Profile Editorを試して見ました

AdobeのDNG Profile Editorを試して見ました、詳細はAdobe Labsを見てください。
テストに使用したのはHasselbladH3D39 撮影時の色温度設定はDaylight、光源は自然光(色温度はカラーメーターで5500K位だったかな?)、極めて思いつきでラフなテストですのでご勘弁を。
テストの内容はX-rite Color Rendition chartを撮影、Hasselは独自のRAWデータなのでPhocusで読み込み、DNGに変換出力してDNG Profile Editorでプロファイルの作成、以上です、DNG Profile Editorでは四隅のDark Skin(茶色)、Blluish Green(薄緑)、White(白)、Neutral 2(黒)を計測しただけで微調整はしていません、Phocusではレンズ補正は使用していません。
Phocusでは独自のRAWからTIFFを出力、Lightroomでは変換したDNGをカメラキャリブレーション/埋め込みとカメラキャリブレーション/作成したプロファイルとで現像してTIFFを出力、三点のTIFFをPhotoshopに読み込み不要な周辺をトリミング、いずれも色やトーンカーブなどの調整はしていません、最終的にLR2に読み込みAdobeRGBのJPEGで出力しました。


–Phocus–


–埋め込み–


–作成したプロファイル–

埋め込みのプロファイルは他に比べて地味な感じです、右上のBlluish Green(薄緑)は彩度も低いし青っぽいです、一長一短ありますが、LR2で人物の現像するのであれば作成したプロファイルの方が色のノリが良くて綺麗でした。
サムネールではAdobeRGBのカラーが上手く再現できないようなのでクリックして見てください。
下は埋め込みのプロファイル、作成したプロファイルで現像した画像です(この写真は以前にスタジオで撮影し保存してあったDNGを再現像しました)、sRGBのJPEGなのでこのままでも違いがわかると思います。


純正のPhocusは好結果でした、ひと安心です。ちなみにEOS 5Dの場合ACR4.4で十分かな?
追伸:チャートの色がどれも正しくないぞ!とお怒りにならないでくださいね、あくまでもプロファイルの比較ですので、DNG Profile Editorもそれなりに役に立つと感じました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。