カメラマン 稲村幸夫のブログ です、写真、カメラ、Macやインターネットについて書いてます!

Mac Pro、準備完了!

スポンサードリンク

やっとPMG5QUADからMac Proに作業環境の移行を完了しました。
今回導入したMac ProのCPUはノーマルの2 x 2.8GHz Quad-Core Intel Xeon、3.0GHzはプラス10万円、3.2GHzはプラス20万円と非常に高価なのであきらめました、いつも感じますが最高速度のCPUも二番手も使い始めるとあまり違いが感じられない、、そのくせ最高速度のマシンが欲しい、学習の結果今回はノーマル仕様で満足、たぶん。
グラフィックカードはNVIDIA GeForce 8800 GT 512MBに変更しました(なぜかAirMac Extremeも入れました)CPUがそれなりならばグラフィックカードに対する依存度が高いように感じます、PhocusやApertureもグラフィックカードは高速のものを望んでいますね。
今回もAppleStoreの店舗で購入しました、PMG5QUADも購入した当日に壊れていて翌日交換してもらいました、店舗なら初期不良はほぼ即日交換できますので個人のビジネスユーザーの場合には店舗購入をお奨めします、オンラインのAppleStoreでは対応に時間がかかりすぎるのが欠点ですね。
Appleの場合、電話で購入したり店舗で購入すると多少の割引サービスやソフトなどのオマケがもらえたりすることがあります、今回もグラフィックカードは追加購入なのですがカスタマイズと同じ差額購入にしてもらい、外したATI Radeon HD 2600 XT 256MBをもらった分だけお得になりました。
AppleStoreではメモリーやHDDが非常に高いです、当然秋葉原のショップで購入しました、メモリーは2Gを4枚購入(メモリーはRemberでチャックした結果は問題なし)、HDDは500Gを購入し納品前後の写真データの作業ディスクとしました、PMG5で使用していたHDDもPhotoshopの仮想記憶ディスクとしHDDのベイの1、2,3が埋まりました。
さて、今後の作業が少し速くなって楽になるのでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

    • blackeyes
    • 2008年 7月 19日

    わーうらやましい!
    憧れのMacProですねー

    • Y.Inamura
    • 2008年 7月 19日

    仕事部屋のPMG5でPhocusが使い物にならないのが購入のきっかけとなりました、が、はたしてPhocusで3Fファイルの現像を行うかは今後のPhocusの進化にかかっています、現状では現像の基本ができるだけで便利なソフトとは思えないですね。
    Lightroomでプレビューの生成やJPEG変換書き出しなども速くなるとうれしいのですがどうなることやら?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク