カメラマン 稲村幸夫のブログ です、写真、カメラ、Macやインターネットについて書いてます!

訂正 新型のMacBook Proを購入できない!

スポンサードリンク

先日、FW400が無くなったら僕のHasselblad H3Dは困ってしまう、FW800のポートを使うのは不安定だとメーカーに聞いた、だから新型のMacBook Proは購入できないと書きました。
早速、信頼できる某氏から連絡が入りましてFW800-FW800での接続に問題は無いと教えていただきました、ただしデジバックからの転送速度はFW400の時と変わらないのでFW800-FW400でもFW800-FW800でも速度が向上することは無いとの事です、Hasselblad以外のデジバックでFW800-FW800でつないだ時にささいな接触不良で転送に失敗することがあったと別の某氏からの情報もありましたので、どこかで話が混ざってしまっていたのかもしれない、訂正させていただきます!
ちなみに付属のFW800-FW400のケーブルは黒なのですが現場で踏む人が多いので(スタジオは薄暗い場合が多々ある)白の方が僕はありがたいのですがいかがでしょう?
さて、本筋のMacBook ProですがFireWireの件は解決したので安心して購入か?
いえいえ、ガラス張りのディスプレイに疑問を持っている方が僕の他にもいらっしゃいました、連絡いただいた某氏も昨晩電話くれた某先輩もキャリブレーションが取れるのか不安だとおっしゃっていました、まあ、シャドウがつぶれようがコントラストが上がってハデに見えようがディスプレイの状況を理解していただける方には問題ないのですが、現場で見た色に比べて納品データの色が冴えない等とクライアントに言われるのが一番怖いことですね。

追伸:今日、現場でEOS 5Dのミラーが壊れました、というか可動部分からミラーが剥がれました、、悲しいです。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

    • ici
    • 2008年 10月 18日

    稲村様
    私もH3D購入のさいIEEE800ではデータ落ちすると販売店に言われましたのでけっしてガねたではないと思います。今回のmacbookproはVAIOに先を越されましたがBTOでAdbeRGB対応かと思っていましたので残念です。
    それよりもfocuseが10月より正式に使用できなくなったのが問題です、フォトキナで日本語版正式発表と言っていましたがまたいつものとおりダラダラ延びて来年の来年の秋でしょうかね?マイナーなメーカーはつらいですね。

    • Y.Inamura
    • 2008年 10月 18日

    iciさん、コメントありがとうございます。
    僕もFW800の件は聞き間違えでは無いと思っています、まあ、結果的にですがココに書くことによってFW800での検証が済んでいて問題が無いとの確認が取れたのは良かったと思っています。
    MBPを今日、ああ、既に昨日ですが見てきましたCPU等諸々のスペック向上はありがたいのですが、削りだし筐体とかキーボードがかっこいいとかは現場でしか使わない僕にはあまり関心がなく、やはり重要なのはディスプレィですね。
    店頭で見たMBPのディスプレイにおいてLEDバックライトの効果はどの程度なのかはわかりませんでしたがガラス張りの写り込みはiMac同様でした。
    もっとも、使用中のMBPもひどい黒つぶれです、miyasanさんのサイトに黒つぶれチェックのコーナーあるのですがディフォルトのディプレイプロファイル(カラーLCD)で見てみると真っ黒で識別できません、仕方がないのでガンマ値を1.6にしてだましだまし使っています。
    Apple Cinema HD Displayもトーンジャンプがひどくて階調のあるグレーの表現は難しかったのでLCDの改善も含めてEIZOやNECのようにハードキャリブレーションが取れ、AdobeRGB対応になってくれればと思っています、VAIOは4ピンのIEEE1394というのが残念ですね。
    Phocus次期バージョンはH3DⅡの最上位機種の発売に合わせてになるのではと噂されているようです、もっとも現状ではキャプチャーとDNG書き出しにしか僕は利用していませんけれども。
    数少ない(?)ユーザですので情報がありましたらよろしくお願いします。

    • ici
    • 2008年 10月 21日

    Inamura様
    当方07年後半モデルのMBPを使っています。このモデルからLEDバックライトなので正当な比較ではないと思いますが、当方のモニターではデフォルトの状態でmiyasanの黒つぶれチェック右端まで判別できますが逆に白飛びがすごく左端しか判別できません。実際の使用にはEye-1Proでキャリブレーションをかけていますので全てを判別することが可能です。安いWinノートでも同様の結果になりますので機会がありましたらキャリブレーションをかけてみることをお勧めします。
    ただこれだけで最終データを作ることは無理だと思います。
    またデスクトップ用にはColorEdgeCG241Wを使っています、コストパフォーマンス的には適当なモデルですがVA液晶の問題点である視野角と色度変位が厳しいところです。同じデータを左右に並べてみると正面から見ても左右の写真の明るさと色が違います。CG221にすればいいのでしょうが実売が70万近いとなると個人では厳しいものがあります。NECも候補には入れましたが高品位モニターを作りなれていないために詰めが甘いと言う話があり除外しましたがまわりで使っている人もなく確かめようがありません実際はどうなんでしょうか?

    • Y.Inamura
    • 2008年 10月 22日

    iciさん、レスが遅くなりました申し訳ないです!
    MBPですが個体差なのか世代差なのか、ディスプレイの状況は異なるようですね。
    僕もi1でキャリブレーションしましたがどうしてもMが浮いてしまうのです、気持ち悪いです、、というよりもそもそもディフォルトでMが浮いています、色はあきらめてガンマ値が設定できたので良しとしました。
    気になっているMultiSync LCD2690WUXiですが、あまり情報は無いですね、miyasanサイトの情報が一番詳しいユーザーレポートと思えます。グレーの色がColorEdgeCG241Wに比べて冷色だと書かれていた方がいたようにも記憶しています。
    ただ、お値段が安いんですよね!ColorEdgeCG241Wに比べて安くて25.5インチと画面も大きい、単純にお得感があります、いずれもWUXGAなのでApple Cinema HD DisplayのWQXGAにはかなわないのですが、それならばMultiSync LCD3090WQXiを選ぶことも考えますがお値段がLCD2690WUXiの約2倍です、価格で言うとLCD2690WUXi(148K)<ColorEdgeCG241W(189K)<LCD2690WUXi(269K)です、ただしEIZOは遮光フードが付属されNECの場合は18K、25Kとフードが別売です、NECはキャリブレーションソフトも別売で15Kです、LCD2690WUXi(148K)+フード(18K)+SpectraNavi-J(15K)を購入すると181KとなりColorEdgeCG241W(189K)とほぼ同じ程度の価格となります、、、ええ、先程安いと書いたではないか? ということですが実はキャンペーン価格で販売されていまして
    MultiSync LCD2690WUXi with i1 Display 2 + SpectraNavi-J のセットで160Kなんです、でもフードを買えばやっぱり178Kということになりますね!それでも1万円ほど安くて画面が少し大きい、オマケにi1 Display 2 (ロケに持ち歩くのに使えるかも?)が付く、性能を無視した考え方で判断力にかけていますね。
    考え出すときりがないのですが「印刷よりインクジェットの出力の方が綺麗なので困っています」と某大手印刷会社の某氏が言うようにデジの印刷はいまいちだし、「AdobeRGBのモニターで見たようには印刷で表現できないよね!」と友人のレタッチャー、どうすれば良いのか?
    無限ループの脳内思考、やっぱり懐具合と相談するのが逆に判断材料としては適切なのかもしれません。

    • ici
    • 2008年 10月 23日

    INAMURA様
    i1お持ちとのこと”釈迦に説法”で大変失礼しました。
    プリント問題も大変なやましいところですね。プリンターにもキャリブレーションをかけプルーフ用紙にプリントされているのでしょう。
    我々プロはできるだけ質のよいデータを納品しようと思い高価なデジタルバックを買ったりレタッチに時間をかけたりしているわけですが最終的な印刷物の質を左右するのは結局のところ印刷所特に製版者であるということが非常にもどかしいところです。よいと思ったデータから酷い印刷物ができたり、いまいちなデータからいい印刷物ができたり、ものすごく仕上がりがばらつくので途方に暮れることがよくあります。データからの印刷はここ十年程度の歴史しかないのでしょうがないのかもしれませんが。

    • Y.Inamura
    • 2008年 10月 23日

    iciさん、コメントありがとうございます。
    以前と名称が変わったかもしれませんが現行機種のi1 Photo SGを使用しています、RGBプリンタとデジカメのプロファイルは作成しています、データ納品時の添付プリントはピクトリコのDCP3を使用しています。以前はMonacoを使用していましたが本格的にデジに移行してからはi1を愛用しています。
    RGBの印刷になればCMYK変換という怪しい行程がなくなるのですがRGBの印刷機の普及は難しそうです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク