カメラマン 稲村幸夫のブログ です、写真、カメラ、Macやインターネットについて書いてます!

Phocus 2.0に期待!

スポンサードリンク

Phocus 2.0がH4Dと併せて発表されていました、H4Dはとても購入できないのでPhocusに注目!


— Phocus2.0のキャプチャー画像はhttp://press.hasselblad.com/press-releases/press-releases-2009/2009-09-25-camera_phocus/camera.aspxからD/Lしたものを使用しています、プレス発表の画像なので流用は黙認してください!、詳細は各自でD/Lしたもので確認ください —


— 1.2.1 —

— 2.0 —

Floating Windowsになった他にも色々な機能が増えたり改善されているのでしょうが、やっとRecoveryとShadow Fillが付いた、(なぜ、今まで無かったのかが不思議だが)、当然だろうがSnow Leoparadで検証されているだろうから動作が速くなることにも期待したい、さて、いつ、D/Lが開始されるのだろうか?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. お疲れさまです。Phocus 2.0には同じく激しく期待しております。。現像スピード・・速くなりますように♪祈)と、大画面に配慮してか、パレットが外れそうな感じなので、使いやすくもなりそうですね(^_^)H4Dは・・・・現物見ないと何とも言えませんが、今のところ家も見送り方向です。ぶっちゃけカメラ面はH3でかなり完成されてるので、中判にこれ以上の余計な高機能は要らないのも確かです(^_^)ソフトの進化は誰もが願う所だと思うので、ここがハッセルの勝負所かも知れませんね♪

  2. familyphotoさん、お世話様です、ご無沙汰しております!
    そろそろ、画素数争いは止めて欲しいですね、印刷所の対応も進んでいますので。
    シグマみたいに別の方向での受光素子の開発は面白そうですが。
    さて、Phocusですがそろそろキャプチャーソフトから現像ソフトと呼べる段階に入ってきたのでしょうか?
    Aperture程度の現像能力で光学補正ができればうれしいですね、でも2.0でも物足りなかったらやっぱりAdobeがfffに対応するのを待つことになりそうです、さて、2.0とAdobeのfff対応はどちらが先になるのでしょうか?

  3. これ以上サイズが大きくなるとハンドリングが問題なので画素数よりもモアレへの対応をお願いしたいです。
    他のカメラとの兼ね合いも考えると私の場合はAdobeがfffをサポートしてくれる事を切に願います。高速で高品質なプレビューが得られて、DNGに光学補正データを加えて書き込んでくれるキャプチャーソフトととして進化してくれると一番なんですけど。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク